バットマン ビギンズ



監督:クリストファー・ノーラン
主な出演者:クリスチャン・ベイル 、 マイケル・ケイン 、 リーアム・ニーソン

今回お送りするレビューはバットマン ビギンズだ。


主役のクリスチャン・ベイルは、バットマンシリーズの続きモノに登場するブルース役ではなく、冒頭軽く舌打ちが出てしまったが、中盤以降になるとなかなかどうしていい配役だなと手のひらを裏返してしまったよ、オイラ。


バットマン ビギンズのタイトルの示すとおりバットマンの”いつもの”活躍を描いた作品ではなく、バットマンのできる過程を丁寧に描いている。


それでもただのサクセスストーリーを紹介するだけでなく、きっちり起承転結に分けて1本の作品としての完成度を上げている点は見事。……ヤバいな、誉めてばかりだぞ。


注目は、主な出演者に名を列ねていないのが不思議なキリアン・マーフィー。まわりのキャラから明らかに浮いていて、登場した途端「こいつ、きっと最後まで絡んでくるんだろ?」ってのが想像できる。ってゆーか、変なオーラ出すぎだろ。どれがキリアンかって?そんなモンみりゃわかるって絶対。


タグ:バットマン

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。