スマイルBEST 100年後…

100年後・・・という作品を鑑賞。
DVDをパソコンにセットすると言語設定やキャプチャ画面もなくいきなり本編が始まった。この時点ではB級の香りをプンプン振りまいているのだが・・・オープニングの作り込みとかスタッフロールを見ているうちになんとなく不安になる。低予算でザックリつくったにしては手が込んでいるのが見て取れる。ん〜、またやっちゃったかな?


 父親を亡くしたばかりの不幸な一家を、世にも悲しい子供たちだけのゾンビが襲うパニック・ホラー。亡き夫からペンシルバニアの一軒家を相続し、娘2人と移り住んできた未亡人カレン。その家にほど近いある炭鉱では、100年前に悲しい事故が起こっていた。

原題は”ZOMBIES”。 このタイトルもどーかと思うが、100年後・・・って。
28日後...とか、28週後...のパチモンに聞こえちゃう。まぁ、ソレを狙ってるんだろーけど。


この作品に登場するのは、子供のゾンビ。
かなり暗い画面の中に彼らがはじめて登場したときは身構えてしまうのだが、目がその暗さに慣れてしまえば顔を白く塗ったただの子供たちである。
100年後・・・がやらかしちゃった一番の失敗はこのあたりかな。裏を返すと無邪気に人殺しをしたり豚喰っちゃったりしてる点はかなり脅威なのかもね。


本編に登場する母。未亡人であり2人の娘の母なのだが、妙に艶めかしい。
ホラーといえばパンクロックと裸とセックスみたいなイメージがあるのだが、残念ながらコレが最大限の露出だった。
苦言を呈したゾンビ役以外は比較的まとまりが取れている作品100年後・・・。観る価値はあるゾ!
裸が見たい御仁はいっしょにエロDVDでも借りておかずにすればいい。

監督:J.S.カーダン
キャスト:ロリー・ヒューリング、スカウト・テイラー=コンプトン、クロエ・モレッツ、ジェフリー・ルイス、ベン・クロス

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。