悪魔の追跡

素敵なキャンピングカーでお休みをエンジョイしようとしたら、ひどく辛い目にあってしまうという悪魔の追跡を鑑賞。まさにゴールデンウィークに観るのにはぴったりな作品だ。
原題は”Race With the Devil”で1975年アメリカ産。
製作された年代がアレなもんで映像的に難があるというか、シーンのつながりが乱暴だったりする。そんな点に目をつぶっても怖いお話でおつりがくる一本であった。まずはジャケット裏の解説をどうぞ。


ようやく手に入れた新型キャンピングカーでコロラド目指してバカンスに出かけた2組のカップル。しかし、楽しいはずの旅はテキサス州の荒野で過ごした最初の夜に一転した。偶然、目撃したカルト集団の儀式。生贄にされた全裸の美女。その胸にはナイフが突き立てられ・・・。

いい調子で引用してたら悪魔の追跡のジャケット裏の解説はかなりネタバレ度が高い。というかガッツりあらすじ紹介になっていてびっくりした。
DVDってどんな内容なのかをジャケット裏の解説で確認するよね?レンタルでも購入でもこのあたりはかわらないはず。
なのにかなり核心部分まで書いちゃうってどーなんだろ?


なんと言っても見せ場はラストシーン。
追いかけてくるカルト教集団に対して武装するのが残り20分という対応の遅さ。そして夜なんだからとりあえず酒飲んじゃうか?みたいな軽いノリの結果訪れるべくして訪れたのは・・・まぁあとはご自分の目で確認してくれ!

監督: ジャック・スターレット
キャスト:ピーター・フォンダ、ウォーレン・オーツ、ロレッタ・スイット、ララ・パーカー、R・G・アームストロング
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358619047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。