ポセイドン

3.11の昼下がり。東北関東大震災に見舞われたときちょうど鑑賞してた作品がポセイドン
今ようやく続きを観終えたところだ。


劇中では「ローグ・ウェーブ」と呼ばれる巨大な波に飲み込まれた豪華客船が舞台となる。
まずはDVDジャケット裏の解説をどうぞ。


大晦日の夜、豪華客船ポセイドン号では、ニューイヤー・イブの祝宴が華やかに催されていた。しかし、新年を迎えるカウントダウンの瞬間、45メートルの巨大な波”ローグ・ウェーブ”の衝突によって、ポセイドン号は逆さまに転覆。夢のクルージングは一瞬にして悪夢に変わった。

調べて判ったのだがこの作品はリメークらしい。
通常であったら鼻毛でも抜きながら観ちゃうところなんだろうけれど、大きな波にやられちゃうシーンはアレから数日しか経っておらず、かなり衝撃的に映った。まだまだ大きめの余震が続く環境下ではやっぱり印象が違うな。


主要キャラにはじいちゃんや子供・女性もいて、みんなで助けあう姿にウルッときた。
幸いウチの方は甚大な被害にあうことがなかったけれど、いつ終わるのかもわからないかなり厳しい状況が続いている人たちも大勢いる。


復興はまだこれからだけど、それぞれの持ち場でそれぞれができることを頑張ろうな。

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
キャスト:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、リチャード・ドレイファス、エミー・ロッサム、ジャシンダ・バレット、マイク・ヴォーゲル
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355704712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。